検索

キーワードを入力して検索

  • Facebook
  • Instagram

MENU

ORSat 20.09.18

チームコーチの重要性をティール組織の事例から紐解く 

ティール組織とオレンジ組織の価値観の違い

以上、3つの事例を見てきましたが、俯瞰的に見て「ティール組織」と「オレンジ組織」はどこが違うのでしょう。

ティール組織でよくある勘違いが「マネジャーなどのリーダーを完全に撤廃するのがティール組織だ」というものです。そういったことは全くなくて、組織には俯瞰的に物事を見られる存在と、現場で専門的に働く人の2つの役割が絶対に必要で、それはティール組織でも同じです。ただ、そこに上下関係が一切ないだけです。

ティール組織では、現場をやっているチームや個人が主役です。今までだと、上が、ビジョン、戦略、新商品などを考えて、遂行を指示命令するという流れだったのが、そういったことも全部現場でやるということがティール組織になります。

つまり「オレンジ組織」と「ティール組織」では、根底の価値観が変化しているということです。「現場の代わりにビジョン戦略をつくる、現場の代わりに間接部門を請け負ってやる」という発想から、「基本的には現場と一緒にみんなが一緒にやっていくんだよ」というチーム主体の考え方が、ティール組織の根本にあるということです。

以上、嘉村の方から一通りティール組織のチームコーチに関して情報提供をさせていただきました。

ティールを探求しはじめたときには、色々な観点があったので、はじめはチームコーチというのが自分の中では全く重要と感じていなかったのが、ここ半年から1年くらいで、結構な肝の部分ではないかと思いはじめてきています。

今リーダーに対して、「よりファシリテーターになりましょう」とか「コーチングを学んで1on1しましょう」という流れがあって、これってリーダーがより担うものが増えてしまうので、悪手なのではないかという気がするんです。

リーダー、責任者というものを置かずに、「チームが全員責任を持って達成していくんだ」という中で、人間関係も含めて、外部が対等な関係を築いてサポートする方が、実はシンプルで良いのではないかと思ったときに、チームコーチが自分の中で大事な存在である気がしてきたんですね。

とはいえ、チームコーチを入れるとどのようなプロセスが働くのか、具体的に一体何をするのかということがイメージつかなかったので、今回はお二人にいっぱいお話を伺いたいという思いで来ました。

後編へ続く。

【後編】システムコーチングから見えるチームコーチの可能性

【後編】システムコーチングから見えるチームコーチの可能性

  • 島崎 湖

    • 島崎 湖
    • CRR Global Japan合同会社トレーナー
    • ORSCC, PCC, CPCC

    続きを見る

    1990年女子栄養短期大学部卒業。玩具メーカーの株式会社タカラ(現:株式会社タカラトミー)に入社。採用・研修を中心とした人事業務全般及び人事制度改革に従事。2002年家族の転勤都合で退職。その後、コーチ養成機関であるCTIジャパンにて勤務。その間、CPCCを取得及び米国にてリーダーシッププログラムを修了。
    2004年より「人は必ず持って生まれた使命=その人本来のリーダーシップがある」ことを信じ、プロコーチとして独立。エグゼクティブからビジネスマン、主婦の方、オリンピック選手など様々な方に向けてコーチングを実施。
    2010年、ORSCCを取得し、組織の関係性にフォーカスをあてたコーチングを企業やNPO、地域のコミュニティ等に対して本格的に開始。個人・組織・社会をつなぎ、生命体としての「システム」の目線を育てることからの組織/コミュニティ開発を展開中。東日本大震災以降、新しい時代への橋渡し役を意識し、「システムコーチ」という役割にこだわりながら東北支援も継続中。
    2006年PCC取得。アイ・エス・エル(ISL) コーチングファカルティ
  • 原田直和

    • 原田 直和
    • CRR Global Japan合同会社トレーナー
    • ORSCC, PCC, CPCC,TLCP

    続きを見る

    1975年山口県宇部市生まれ。
    大学卒業後、外資系製薬会社にて15年間、営業の現場から日本の営業戦略企画、組織開発担当を従事。様々な営業組織の経験を通じて、チームメンバーや組織内の関係性が業績・成果に影響を与えること実感する。
    その経験をもとに2014年に「誰もが自由にイキイキと生きれる持続可能な社会・会社の組織創り」をテーマに現在のHeart of the Earth株式会社を設立。
    システムコーチとして大手企業からベンチャー、中小企業、行政/NPO、病院など様々な形態の組織風土改善プロジェクトや次世代リーダー育成プログラムなど組織開発サポートを手がける。また、経営者や医師など組織のリーダーに対する1on1のコーチングを提供している。その他に、大学生向けビジネスインターンシップ「海外ビジネス武者修行プログラム」のファシリテーターとして、次世代リーダーの育成にも力を入れている。
    CRR Global Japanの創設に関わり、現在は社内の経営(主にマーケティング・法人)部門を担っている。

戻る