検索

キーワードを入力して検索

  • Facebook
  • Instagram

MENU

WorldWorkers 20.04.15

グラフィックファシリテーション/ORSCC山田 夏子

(株)しごと総合研究所 代表取締役
一般社団法人グラフィックファシリテーション協会 代表理事
/ ORSCC 山田夏子

感性と、感情と、感動を、 仕事に 〜グラフィックファシリテーション〜

子供の頃に両親が離婚。きっと私はここから、人と人との「関係性」に強い願いを持っています。しかしながら、システムコーチとして企業に入る時、私が関係性を良くしたいと躍起になっても、当のその企業の本人達が関係性に自覚を持って、向き合う覚悟ができないと上手く自走してはくれません。 グラフィックファシリテーションは、目に見えないその場に漂う雰囲気や感情を見える化することで、本人達に関係性の存在の自覚を促していきます。あたかもお医者さんがレントゲンを撮って患者さんに見せ、病気を自覚するようにグラフィックファシリテーションは組織のレントゲンを撮る感じです。また、組織内の小さな声に耳を傾ける時、等しく取 り扱えるよう描き留め、眺め合えるようにしていくのです。ロジカルで論理的な左脳優位な企業の中に、感覚や感性的な右脳の要素も等しく大切なものだと認識し、企業の器を広げられることがダイバーシティの第一歩になると信じて、ORSCの智慧を活かし活動しています。

(2019年5月記載 / 写真提供:(株)しごと総合研究所)

※(株)しごと総合研究所
https://www.shigotosoken.jp/

※一般社団法人グラフィックファシリテーション協会
https://grafaci.or.jp/

※ORSCプログラムについて
https://crrglobaljapan.com/

戻る